はしま広域ファミリー・サポート・センターでは、羽島市、岐南町、笠松町に在住・在勤の方の子育てと仕事の両立を応援します。

ファミリー・サポート・センターは地域において育児の援助を受けたい人(依頼会員)と行いたい人(提供会員)が会員となり、助け合う会員組織です。

こんな時ご利用できます。主な援助の内容

  1. 保育園等の保育開始時間まで及び終了後の預かりと、送迎を行います。
  2. 学童保育終了後及び放課後に預かりと、送迎を行います。
  3. 病児・病後児を預かります。
  4. 保護者に代わって医療機関に子どもを受診させます。
  5. 急な残業や出張時等、子どもの預かりや保育園等の送迎を行います。
  6. 産じょく期の支援を行います。(産後1ヶ月までです)
    ※妊娠8ヶ月頃までにご相談ください。
    ※臨月または出産後のご依頼はお受けできないことがあります。
  7. その他、仕事と育児の両立のために必要な援助を行います。

ファミリー・サポート・センターを利用するには?

依頼会員(援助を受けたい方)提供会員(援助を行いたい方)は、センターに申し込むことによって会員になります。

特別な資格などは必要ありません。

援助を受けることと、行うことの両方を希望する場合は両方会員になることもできます。

依頼会員の方が、安心して育児の援助を受けれるよう、当センターでは提供会員を対象に育児の知識・技術を身に付けるための研修会を実施しています。

会員になるためには事前登録が必要です。登録の為の来所につきましては事前に日時の予約をお願いしています。

まずはご連絡ください。

運営規程

ファミリー・サポート・センター運営規程

 

病児保育とは

子どもが感染症などの病気にかかり、回復期には至らないが、当面症状の急変が認められない場合。その病気が完全に治癒するまでの間、専用の病児保育室でその子の生活リズムや体調に合わせて、ゆったりと過ごすことで無理なく、体力を取り戻せるという子どもの立場にたった保育です。

 

病児保育室かみなりくんでは

病気のため、保育園・学校等に通えず、保護者の方も仕事などが休めない時、保育士、看護師が病児さんの状態に合わせた適切な保育看護を行っています。

ぜひ「病児保育室かみなりくん」に事前登録を

保育園・学校等は子ども達の集団生活の場なので、病気(感染症)が流行ることがあります。特に乳幼児は免疫力も体力も十分ではないので風邪などの感染症にかかりやすく保育園を休むことが続くこともあります。

子どもが病気になった時あわてないように、是非「病児保育室かみなりくん」に御登録ください。事前登録がお済みの方は、お電話だけで御予約いただけます。登録のための来所につきましては、事前に日時の予約をお願いしています。まずは御連絡ください。

病児保育室かみなりくんに登録をされている方

  • 医師連絡票
  • 利用連絡票
  • ※未登録の方はご利用できません。

    運営規程

    病児保育室かみなりくん運営規程