だれもが活き活きと

昭和56年、複数のボランティアグループで組織した羽島市ボランティア活動連絡協議会は羽島市社協の下部組織として発足しました。その後社協から独立し、羽島市ボランティア協会へ組織変更、民間ボランティアセンターとして活動を開始しました。

当時、羽島市には一か所の社会福祉法人が障害者の入所施設や通所授産施設を実施していただけで障がい児(者)の居場所が限定されていました。そのような状況の中、協会所属のグループは障がい児(者)を対象とした者が多かったこともあり、障がい(児)者の居場所づくりに取り組む事になりました。

移送サービスから始まり、特定非営利活動法人の認証後、支援する仲間を増やすため2級ヘルパー養成講座などを行い、平成12年には身体障害者デイサービスセンターを羽島市から委託を受けることになりました。

障がいのある子どもが生まれ育ち居場所を見つけ、そして親亡き後も安心して自立生活できる地域を創っていこうという目標を掲げ、平成15年支援費制度のもと「児童デイサービスセンター」「障害者生活支援センター」など障害福祉サービスの事業を順次開始し、その後子育て分野では「ファミリー・サポート・センター」や「病児保育」などに取り組みました。

現在は、子どもを中心とした「社会的養護」や「司法から福祉」を重点課題として捉え、平成26年第一種社会福祉事業が実施できる社会福祉法人の設立に至りました。

このように協会では、障がいのあるなしにかかわらず生きづらさを抱えた子どもたちが希望を持てる社会、罪を犯してもやり直せる社会を創っていくことを目標に掲げ活動してきます。

岐阜羽島ボランティア協会 理事長 川合 宗次

昭和56年 羽島市ボランティア活動連絡協議会発足(羽島市社協所属)
平成 5年 羽島市ボランティア協会へ組織変更(社協から独立、自主運営)
平成11年

特定非営利活動法人岐阜羽島ボランティア協会 法人化

ホームヘルパー養成講座(2級課程)開始
平成12年 身体障害者デイサービスセンター(羽島市委託)
平成15年

障がい者生活支援センター(羽島市・岐南町・笠松町委託)

居宅介護、児童デイサービスセンター、障がい者小規模授産所

障がいがある人が学ぶ3級ヘルパー養成講座

平成18年

かみなり村本館

児童デイサービス、グループホーム、ショートステイ

平成19年

子どもサポートセンター

病児保育、ファミリー・サポート・センター

平成20年

子育てひろば

地域子育て支援拠点事業

平成23年

かみなり村西館

グループホーム、ショートステイ

平成24年

健康促進住宅はしま

自立援助ホーム、かみなり村本舗

平成25年

健康促進住宅はしま

グループホーム、自立準備ホーム

平成26年

社会福祉法人認可、補導委託

平成27年

かみなり村北館

生活介護、児童発達支援/放課後等デイサービス

平成29年

ファミリーホーム