でいあいについて

障がいがあってもなくてもすべての人は、地域の同じなかまとして自分らしく暮らすことができるよう、生活の自立とともに主体的に社会に参加できる権利があります。

でいあいが目指すもの

おなじなかまとして

  • サービスメニューの自己選択・自己決定を尊重し、気軽に利用できるような体制を整備します。
  • 利用者個人の能力・個性を理解尊重し、地域社会の中で主体的な生活を送ることができるよう、地域リハビリテーション機能活用による生活支援および家族支援を行います。
  • 利用者の権利を守ります
  • 潤いとゆとり

  • 常に笑いの絶えないやすらぎのある環境づくりに努めます。
  • 穏やかな心で生きがいの持てる生活ができるよう支援します。
  • 利用者の個性を見出し、それを伸ばすための支援をします。
  • 情報発信

  • 地域の生活・福祉情報を提供します。
  • 福祉機器・福祉用具・福祉住環境などの情報提供します。
  • 地域リハビリテーション機能の充実

  • ボランティア活動とコーディネート機能の充実を図ります。
  • 地域住民との交流を推進します。
  • 専門機関との連携を図ります。
  • でいあい運営規程